デリケートゾーンの黒ずみは自宅でケアできる!?今すぐできるケア方法を紹介 

普段は余り気にしていないデリケートゾーンですが、よく見ると黒ずみが出来ているなんて事はありませんか?
皮膚科やサロンでも治療できるものもあるみたいですが、出来れば自宅でケアしたいですよね。

そこで今回はデリケートゾーンの黒ずみを自宅でケアする方法をご紹介します。

 

デリケートゾーンの黒ずみができる原因とは

では、最初にデリケートゾーンに黒ずみが出来る原因をご紹介しましょう。

 

肌の摩擦

デリケートゾーンはとても皮膚が薄く特に刺激に敏感です。

きつめの下着や服で圧迫される事により、デリケートゾーンの皮膚が刺激され、メラニン色素が多く生成されてしまうのが原因になり、黒ずみが出来てしまうというメカニズムになっています。

ですので、締め付けない下着(綿やシルク)など天然素材のものを着用するといいでしょう。

 

乾燥

先ほどもご紹介しましたが、デリケートゾーンはとても皮膚が薄く敏感なので、下着などの摩擦によって黒ずみが出来てしまうのですが、摩擦してしまうと起こるのが乾燥です。

摩擦によって起こった乾燥を防ぐためにも、毎日のスキンケアと同様、デリケートソーンも保湿する事が大切になってきます。

 

ホルモンの影響

女性の体はとてもデリケートにできており、女性ホルモンが体や心に色々な影響があります。

そんな女性ホルモンのバランスが崩れるとデリケートゾーンの黒ずみができると言わており、まずはホルモンバランスが崩れている原因を婦人科などを受診し解決する事が大切です。

妊娠中や出産が原因で黒ずみが出来ているのであれば、時間の経過とともにホルモンバランスが整えられますので心配ありません。

 

間違ったデリケートゾーンのケアとは

デリケートゾーンは名の通りとてもデリケートですので、間違ったケアの方法を続けていると色素沈着してしまい黒ずみが消えなくなってしまいます。

そこで、ここでは間違ったケア方法をご紹介します。

 

毛を無理やり処理する

カミソリやシェーバー、ワックス、毛抜きなどでデリケートゾーンを処理する方法がありますが、実はこの方法は間違ったケア方法になります。

理由としては肌への負担が大きいためで、特にデリケートゾーンの様な皮膚が薄い部分にはあまり好ましくないケア方法です。

このケアによって肌を傷つけてしまうと、炎症を起こしたり化膿したりするほか、黒ずみが消えなくなってしまう事も。

特に、毛抜きを使用すると皮膚の中に毛が埋れる埋没毛になってしまい、黒いボツボツが目立ってしまい見た目が汚くなってしまいますので注意です。

 

トイレに入った際、念入りに拭き取る

やりがちな事なのですが、トイレットペーパーを強く擦りつけると、黒ずみや炎症の原因になってしまいます。

特に生理中は雑菌が繁殖するリスクが高いので注意して下さい。

トイレットペーパーの素材はティッシュペーパーとは少し違い硬めな物が多いので、使う際は、水分を吸い取るように5~10秒くらいそっと押し当てるだけで十分です。

それだけではどうしても頼りなく感じる場合は、トイレで使える専用ソープやウェットシートなどを使いましょう。

 

自宅でできるケアとは

間違ったケア方法がわかった所で、最後は自宅でできるケアをご紹介します。

 

正しく洗う

ボディウオッシュで全身をゴシゴシ洗っていませんか?

ボディウオッシュはあくまで体専用のものですので、髪にはシャンプー、顔には洗顔クリームがあるように、デリケートゾーンも専用の物を使用するようにしましょう。

ボディウオッシュは刺激が強いので、その上にゴシゴシ洗ってしまうと皮膚が傷ついてしまい黒ずみの原因に。

専用の物を使い指の腹で優しくあらってあげるのがデリケートゾーンの正しい洗い方です。

 

保湿クリームで根本的なケアを

正しく洗う事ができたら保湿クリームを使いしっかり保湿してあげましょう。

デリケートゾーンも顔や体と同じように保湿が大切で、乾燥してしまうとダメージを受ける事になってしまい、メラニンが生成され黒ずみの原因になります。

保湿成分が入ったクリームでケアをすると、バリア機能が高まって外部刺激に強い肌になりますので、メラニン過剰生成を抑える事ができるのです。

その際に使用する保湿クリームは刺激が少なく安全な物がおススメです。

 

私が今までで利用してきた保湿クリームで1番ののオススメはアットベリーになります。

そのアットベリーの効果や口コミ評判をまとめましたので、ぜひ下記の記事も参考にしてみてください。

アットベリーの効果・口コミ評判を調べてみた!黒ずみはケアできるのか?